TOPホークワンで働く人島崎 歩翔
TO THE NEXT STAGE

女性だからこそできる挑戦がしたい

営業本部 大宮支店 

島崎 歩翔

女性営業社員の第一号として、ホーク・ワンに入社。持ち前の明るさと面倒見の良さから、若手の女性社員からの信頼度も高いことが彼女の魅力。また、入社一年目で取引先から指名をいただけるなど成長スピードの早さも期待されています。

働きやすい環境が整ってきた

私が入社してから3年になりますが、その間にもホーク・ワンはずいぶん変わってきたように感じます。女性の割合も増え、新入社員への研修も以前より充実してきました。社内の評価制度も一新され、一年目や二年目でも即戦力として活躍できる環境が整ってきています。

ホーク・ワンの良さの1つは、細かなことでも上層部が動いてくれることです。
たとえば、デジタル化やペーパーレス化が進み書類関係の業務が簡素化されてきましたが、こうしたことも「試しにやってみよう」と上層部に理解があるからだと思います。契約書や稟議書といった書類のやり取りがスピーディーになって業務効率がアップしたり、コア業務に集中できるようになったのも、うれしい変革だと感じています。
 

若手がチャレンジできる社風

業務環境が変わるなかでも、変わらないのが「人の良さ」です。上司との距離が近いので相談しやすいですし、風通しの良さも感じます。

入社1年目のことですが、今までホーク・ワンで採用していなかった新しいインテリアの手法をお客さまに提案したいと支店長に相談しました。
そしたら「やってみよう」と。
若手社員の意見にも耳を傾け、ときにはチーム一丸となって協力してくれる。そして、結果を出せば「よく頑張ったね」と、しっかり評価もしてくれる。そんな職場環境だから仕事にやりがいを感じますし、モチベーションの向上にもつながるのだと思います。これから入社する方のためにも、若手が新しいことにチャレンジできる環境を残していきたいです。

女性ならではの視点が「選ばれる家」のヒントになる

私がホーク・ワンへの入社を決めたのは、面接時に担当者からいただいた一言があったからです。「これからは女性の営業社員を増やしていきたい。そのパイオニアとして先頭に立ってほしい」。その一言に背中を押されたような気がして、この会社なら成長できそうだなと感じ、入社しました。

女性だからといって、やりづらいと感じたことはありません。むしろ、プラスに感じることのほうが多いです。たとえば、ホーク・ワンでは企画営業が間取りの提案も担当するのですが、「こうしたほうが家事動線は良くなる」とか、女性だからこそ気付ける細かな配慮が評価されることもあります。
一般的に女性のほうが家で過ごす時間は長い傾向にあるので、女性の視点で考えた住みやすい家は、お客様からも選ばれやすい家です。
これから入社する女性の皆さんにも、女性だからこそ考えつくアイデアを盛り込んだ魅力ある家づくりにチャレンジしてほしいです。

一人ひとりの成長がホーク・ワンの成長につながる

新卒の営業社員に求められることといえば、「明るく元気で、ハキハキしている」こと。
私もそうですが、そういう方だと、上司やお客さまに可愛がっていただけます。

そうやって取引先を増やしたり、知識やノウハウを教わりながら身につけたりしていくことが大切だと感じます。
私も、まだまだ勉強することがたくさんあります。絶えず勉強して新しいことを吸収し、いいと思ったことはどんどんチャレンジしていく。そうやって皆さんと一緒に、ホーク・ワンをもっと良い会社へ成長させていきたいです。

環境について

DATA

データで見るホーク・ワン

WHAT WE DO

私たちの仕事

PEOPLE

ホーク・ワンで働く人