TOPホークワンで働く人良元 哲世
TO THE NEXT STAGE

「史上最年少」という記録を
塗り替えてほしい

良元 哲世

不動産会社を営んでいた親族の影響を受け、ホーク・ワンに就職。新しい商品開発にも積極的に取り組み、入社5年目の27歳で係長に就任。直近の目標はホーク・ワン史上最年少で支店長になること。

年次ではなく、個人の成果を評価してくれる

若手社員でも、挑戦できる環境が整っていること。それが、ホーク・ワンの魅力であり、その傾向は年々強くなっています。私が入社した頃は、土地の仕入業務はベテラン社員の仕事でした。販売で培ったノウハウがないと、いい土地を見極めて仕入れられない。そんな風潮があったのですが、今では、新卒社員でも支店に配属されるとすぐに仕入業務を任せてもらえます。

その背景には、個人の成果を評価するようになってきたことがあります。自分の得意分野を活かして成果を上げた人は、どんどん昇給・昇格していきます。私が27歳で係長になれたのも、変革期を迎え、会社が個人としての頑張りをより評価してくるようになったからです。

これから入社してくる皆さんには、変革期を迎えたホーク・ワンで様々なことにぜひ挑戦してもらいたいです。もちろん、困ったことがあれば私たちがしっかりサポートします。ホーク・ワンにはフランクに会話ができる上司が多く、相談しやすい環境が昔からありますので、ささいなことでも質問や相談をしてください。

自分の意見を言える環境がある

新人の頃は、上司からの指示を受けながら仕事を進めることがほとんどです。その際、ただ言われた通りにこなすのではなく、「なぜこの仕事をする必要があるのか」と考えることが成長に繋がります。自分の考えや意見を持つことが大切です。

上司の顔色を伺いながら仕事を進めるのではなく、自分なりの考えや意見を言える環境があるのも、ホーク・ワンの特徴です。「自分はこう思うのですが、やってみてもいいですか?」と、失敗を恐れずチャレンジ精神旺盛な方には向いている会社だと思います。また、そのような積極的な行動が個人の評価となります。

各々が裁量を持って働ける

ホーク・ワンは、個人の成果を正当に評価してくれます。これは自分の裁量で働ける環境があるということです。しかしながら裁量を持てるということは言い換えれば、自分の采配で仕事を進めていかないといけないという責任も伴います。いくつものプロジェクトを同時に抱えながら、上司、先輩、後輩と協力して進捗管理を行い成果を出していく必要があります。

企画営業の仕事は本当に面白いです。自分で作成した図面通りに家が完成したときの感動はやりがいを感じます。また、様々なエリアや立地条件の異なる数多くの物件に携われることで自分のスキルが蓄積されていきます。自立心を持ち積極的に取り組んでくれるような新入社員に、ぜひ活躍してほしいです。

変革期だからこそできる挑戦がある

いまホーク・ワンは、重要な局面を迎えています。仕事のやり方一つをみても、個々の能力を遺憾なく発揮できるように改革の真っただ中です。そうした変革期を経験できる会社は、なかなかありません。そこに挑戦できる新入社員には活躍できるチャンスが多く転がっています。

私は史上最年少の27歳で係長になりましたが、現社員が経験したことのないスピードで役職を勝ち取り、歴史を塗り替えてほしいです。

環境について

DATA

データで見るホーク・ワン

WHAT WE DO

私たちの仕事

PEOPLE

ホーク・ワンで働く人